So-net無料ブログ作成

空の旅で睡眠薬は危険!! [知識の泉]

スポンサードリンク




海外出張や海外旅行で長時間のフライトでイヤでも機内泊。

しっかり睡眠取れますか?

いや~最近は慣れっこで睡眠薬を飲んで寝ちゃうから大丈夫♪♪

そんなあなたは要注意ですよ。

睡眠薬による熟睡は“エコノミー症候群になるリスクを

上ているようです。

飛行機内では酸素濃度が低く、体調を崩しやすい環境。

しかも飛行時間が長くなると機内の湿度は10~20%以下に低下することも。

これは、10時間でおよそ1Lもの水分が体から蒸発することを意味していて、

脱水症状になりやすくなっていることがエコノミー症候群の発症を高めると

指摘されているそうです。

そんな中で、“睡眠薬で熟睡してしまうと、無意識に長時間同じ姿勢をとることとなり、

さらにエコノミー症候群の発症率を高めてしまう恐れが。

そして更にさらには、これは普段でも睡眠薬服用上、避けるべき危険な飲み方ですが、

アルコールと一緒に飲む場合です。

アルコールと一緒に睡眠薬を飲むと、薬の種類によっては副作用を助長することがあり、

一時的に記憶が飛んだり、緊張が高まる副作用をもたらす可能性も。

ワインを飲みながら機内食を食べたり、映画を見ながら

ウイスキーやブランデーを頂いちゃいますよね。

普段をなんでもなかったかもしれませんが、前述しました様に

あまり体調には宜しくない機内環境です。

飲むなら飲むな!! アルコールか睡眠薬どちらか1つにいましょう。


機内でエコノミー症候群にならないように安眠するための一工夫。

睡眠薬の服用を避け、アルコールやカフェインを含む飲み物(緑茶、紅茶、コーヒー等)は

利尿作用があるので、かえって脱水症状を引き起こす恐れがあるため、控えめに。

窓側の席を選びがちですが、外気の温度が伝わりやすく寒い時がありますし、

日も差し込むので、通路側の座席でアイマスクをする”と落ち着きますよ。

それから、保湿対策としてマスクを着けるのもよいかと。

あとは、耳栓をするか、ゆったりとした音楽を聴きながらおやすみなさい☆


もう一つよく言われることですが、東向きに旅行する場合には、出発数日前から早く寝て、

西向きの場合は遅く寝ると、時差ぼけを少なくする効果が期待でるとか。


次回のフライトでお試しを☆









スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。