So-net無料ブログ作成

ダニ媒介感染症 薬なし?! [ニュース]

スポンサードリンク




ダニが媒介するウィルスに感染して国内で4人の方が亡くなっている

『殺人ウィルス』?とは、一体何なのでしょか。


ダニと言っても家ダニではなく森林や草むらにいるマダニが媒介する

ウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群」(SFTS)と呼ばれているもので、

2009年ごろから中国で数百例の発生が確認されたほか、

米国でも感染例が報告されているようです。

⇒ダニが媒介マダニis.jpg (写真はPicserchより)

現在日本国内で発症したウィルスは,中国・米国のどちらの国のウィルスの遺伝子型とは異なり、

日本に元々あったウィルスが原因。

SFTSウイルスが発覚したのは、昨秋死亡した山口県の成人女性の主治医が

「死因が不明」と疑問に感じ、国立感染症研究所(感染研)に

血液検査を依頼したのがきっかけとか。

その後、愛媛、宮崎、広島の各県でも、成人男性の感染と死亡が確認。

専門家曰くは、病原体を媒介するダニは全体の1%にも満たない上に、

ダニに噛まれたからといっても必ず感染するわけでもないと。

ですが、現状では感染経路が不明で、発症しても特効薬も無く

対処療法のみで、運が悪ければ最悪のケースがお待ちかね。

更には、ペットを飼っている方は、ご存知かと思いますが、

ダニから感染する病気は、これだけでなく沢山あるのに驚きました。

●リケッチア感染症
●ライム病
●エールリヒア感染症
●野兎病
●バベシア感染症
●ダニ媒介性脳炎

どれも、悪くすると死亡する事もあると言う厄介な病気が殆ど

暖かくなるにつれ、マダニの活動も活発になり、

どう防衛したら良いのでしょうか。

木々や草むらの多いところへ出かける際は、

出来るだけ肌の露出を少なくすることや、

定期的にペットのマダニ駆除を行う事ぐらいしか対策が見当たりません。


何か無いかと探していたところ、

マダニ対策にって、空気除菌装置見つけましたが・・・・。



紫外線で殺虫ですか?

いいお値段しますが、これでマダニの恐怖から逃れられるなら。

3月末までキャンペーン中でお買い得のようです!!




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。