So-net無料ブログ作成

鏡開き [知識の泉]

スポンサードリンク




今日は、鏡開。

鏡割り(かがみわり)と言う事もありますが、

正月に神様や仏様に供えた鏡餅を下げてお汁粉やお雑煮にして食べ、

神仏に感謝し、無病息災などを祈う行事です。

昔は、家中の要所要所の神様に鏡餅をお供えしていた様な気がします。

台所の釜戸の神様、神棚等々。

そして、鏡開きは鏡餅を刃物で切ってはいけないんですね。

もともとお武家社会の習慣なので、切腹を想像させる切るを嫌って、

手や木槌で割らないと。でも、最近のお供えは、ビニールで真空パックされていて、

そこから取り出すだけでも一戦交えた感有りで、更にその御餅を木槌で割るなど・・・・。

鏡餅をそのままお供えしておくと、乾燥してガビガビになり亀裂が入って脆くなるので、

手や木槌で割れたのかもしれませんね。

そう言えば子どもの頃、鏡開きで小さく壊した御餅を更に乾燥させて、

母が油で揚げて、揚げあられにしてくれたのを思い出します。


それから、これの蓋を開けることも『鏡開き』と言いますね。

純米酒祝い酒(720ml) & ミニ鏡開きセット 「とそ飾り」
高木酒造株式会社(日本酒)
売り上げランキング: 37,999


これは、酒屋で酒樽の上蓋のことを鏡と呼んでいたことに由来するようですが、

最近、結婚式のウエディングケーキカットの代わりに『鏡開き』をなさるカップルもあるとか。

古いものがまた好まれる時代がきたようですね☆




スポンサーリンク



タグ:鏡開き
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。