So-net無料ブログ作成

福袋 [ニュース]

スポンサードリンク




あけましておめでとうございます。

今年もデパートなどの初売り福袋の販売がニュースに上がっていますが、

福袋の起源は?どうなんでしょうか。

てな疑問で・・・・・。


どうやら、大丸呉服店が江戸時代に、呉服の裁断した後の残り布などを

袋詰めにして初売りで販売した記録があるようです。

その後明治に入って、松屋デパートの前進である鶴屋呉服店が福袋の販売を始め、

続いて松坂屋百貨店の前進いとう呉服店が「多可良函(たからばこ)」の名で

福袋の販売を始めたようです。

そんな起源の福袋ですが、今なお進化を続けながら人気商品として君臨し、

世界制覇を狙っているようです。

その発端は、Apple Store 銀座店が2004年の正月に福袋を販売したところ、

好評であったため本国のアメリカ合衆国で新規店舗オープンの際には、

福袋を "lucky bag ” という名前で販売するようになった。


そのほか、"mystery bag (ミステリーバッグ)" とも呼ばれ、

ハワイのホノルルにあるショッピングモールであるアラモアナセンターでは、

2005年から正月に福袋を販売。

近年、日本の諸都市にある中華街や、

台湾や香港の日本資本のみならず地元資本の百貨店等で

毎年、数百・数千個を売り上げるまでに。

ですが、日本の初売り福袋のように並んでまで

購入するような事にはならないのでしょうね。

日本人は、並ぶの得意ですから。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。