So-net無料ブログ作成

えのき茶 メタボお腹に効く? [知識の泉]

スポンサードリンク




えのきのお茶が効くようです。

キノコ類全般にローカロリーの上に、

脂肪の吸収を抑えるキノコキトサンという成分を持っているので、

ダイエット中の頼もしい味方ですが、

エノキにはなんとエノキタケリノール酸というリノール酸があり、

内臓脂肪を減少させるということで、メタボのお腹にも

エノキはよろしいようです。

料理でとるのが一番なのですが、手軽さからはお茶ですね。

ネット上で探してみたのですがチョッと驚き! 見当りませんでした!?


えのき茸パウダー
えのき茸パウダー
posted with amazlet at 12.10.02
おしどり調剤薬局
売り上げランキング: 3251


こちら、パウダーをカップ入れてお湯を注ぐだけ。

カスも出ず楽ちん!?



こちらは干したえのきですが、今や多分に機械乾燥ですね。

送料無料にするには・・・・・。

ならお安いスーパーで1袋50円なんて時もありますね。

そんな時に買って、お家で乾燥させましょ。

以外に簡単みたいです。

☆干しえのきの作り方☆

根元は、切り落としできるだけ1本つづになるように、

細かくほぐし、ザルや干物作りようの乾燥ネットを使って

雨が当たらない、風通しのよい場所で干しましょう。

2~3時間ほど天日干しをして紫外線にあてると、

カルシウムの吸収をしやすくするビタミンDが2倍に増えます。
(機械干しよりやっぱり天日干しですね。)

湿り気が残っている場合は、フライパンで7~8分乾煎りして、

完全に水分を飛ばします。

乾かすことで硬い細胞壁が壊れ、栄養素が吸収しやすくなります。


えのき不足にならない事を願います☆






スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。